農業生産法人 四国テクノ

農業・緑化用土壌改良資材

地球環境保護を考える次世代の植物活性剤


(香川県認定リサイクル品第21号)

竹(孟宗竹)を原料として一定温度で乾留炭化したものが「元気竹ちゃん・竹粉炭」です。 竹は木と異なり非常に成長が早く1年で成竹となります。これは竹独特の組織構造に よるもので「元気竹ちゃん・竹粉炭」は竹の組織をそのまま有し、無数の細孔を持つ 多孔質構造です。この構造と膨大な内部表面積により、保水性、透水性にすぐれ有用 微生物の住みかとして最適です。また1〜7mm以下に粒度を揃えていますので、土壌と の混合作業が容易におこなえて均一な改良効果が望めます。

●原材料

香川県産孟宗竹(100%)を一定の温度と時間で乾留炭化したもの

●内容量

30ℓ ポリ袋

購入する

●姉妹品

20ℓ(竹酢入り) ポリ袋
5ℓ(竹酢入り) ポリ袋

 

上の写真はキュウリとミニトマトの苗を「土のみ」と、「土に竹酢液の10倍液を含ませた竹粉炭を1割混合したもの」で、それぞれプランターに植えてから1ヶ月後の状態です。写真でもわかるように、竹酢液と竹粉炭を使った方が土のみの場合より生育がかなり良く、アブラムシやうどん粉病の発生も見られませんでした。

「元気竹ちゃん・竹粉炭」は、黒い色をしていますので熱を吸収しやすく、 土に1割混ぜれば土だけより土温が1℃高くなります。 融雪材としても効果は高く、雪が融ければ耕して土壌改良材になります。

「元気竹ちゃん・竹粉炭」は1gで300〜500m2もの内部表面積を持った多孔質です。 非常に多孔質な「元気竹ちゃん・竹粉炭」を土壌に1割程度混合すれば、保水性と透水 性、通気性を改良します。植物の根の張りが良くなります。また、「元気竹ちゃん・ 竹粉炭」の持つ無数の細孔は、土壌有用微生物の住みかとしても最適です。 有用微生物の繁殖を助け、土壌を活性化させます。

「元気竹ちゃん・竹粉炭」は、植物が成長するのに必要なミネラルをバランスよく 吸収しやすいかたちで含んでいますので、 不足しがちな微量要素の補給になります。

緑化用総合土壌改良材

元気竹ちゃん・竹粉炭」が配合されています
GREENポート21は植栽時の土創りに必要とされる各種緑化資材の中から より安全で環境にやさしい資材を選抜し、一袋中に配合することにより 早期活着や健全育成を促進させることができる緑化用総合土壌改良材です。

(C)Copyright 2005 SHIKOKU-TECHNO All rights reserved.